• ホーム
  • 抜け毛を改善できる治療薬とは?

抜け毛を改善できる治療薬とは?

2019年07月25日
ブラシを持っている男性

今まで薄毛の悩みは、頭皮マッサージや育毛剤など頭皮のケアや、かつらなどで対処するしかありませんでした。
ですが、抜け毛を減らす作用のある治療薬が誕生した事に、薄毛治療は飛躍的に広まったのです。

スキンクリニックなどでは、基本プロペシアとミノキシジルという、2種類の治療薬を処方します。
プロペシアはジヒドロテストステロンという、男性ホルモンの生成を抑制する治療薬です。
男性型脱毛症「AGA」は、男性ホルモンのテストステロンが5αリアクターゼと結合し、ジヒドロテストステロンへと、変化する事で起こると考えられています。

ジヒドロテストステロンは、髪を作る司令塔となる毛乳頭の働きを、阻害してしまうホルモンです。
毛乳頭の活動が弱まる事により、髪は作られなくなり、抜け毛も増えてしまいます。
プロペシアはジヒドロテストステロン自体を、減少させる作用がある為、AGAの治療に特化した治療薬とし、多くのクリニックで処方されるようになりました。

ミノキシジルは頭皮の血流を、改善する作用のある内服薬です。
AGAの場合、ミノキシジルだけでの治療では薄毛を改善できませんが、プロペシアと組み合わせる事で、より発毛を促す効果ができます。
また、女性の薄毛の場合はミノキシジルで頭皮環境を整えれば、発毛効果が期待できると言われています。

これら2つの治療薬は抜け毛を減らす作用が優れているとして、多くの方が服用しています。
クリニックによってはプロペシアとミノキシジルの他に、発毛を促進する亜鉛や各種ビタミン類も治療に取り入れる所があるようです。
気になる費用ですが、プロペシアとミノキシジルのみの処方だと、1ヶ月につき約1万円から3万円程が相場と言われています。