• ホーム
  • 養毛剤と育毛剤の違いって何?

養毛剤と育毛剤の違いって何?

2019年07月08日
髪を触っている男性

養毛剤と育毛剤の違いは、頭皮や髪の毛に与える効果に違いがあることです。
頭皮に対する環境を整えるための薬剤には、大きく分けて発毛剤と育毛剤と養毛剤の三つが存在します。
この内、養毛剤は頭皮に対する影響をなるべく小さくしながら頭皮の健康状態を保つことを言います。
養毛剤は、育毛剤や発毛剤と異なって医薬品として設定されているものが少ないです。
頭皮の状態を健康的にすることが目的で、現状の髪の毛を脱毛させないことを考えて開発されているため、育毛剤のように髪の毛をさらに増やしていくことを目的としていません。
そのため、現状維持を目的として使用するのならば養毛剤は非常に使いやすいものなのです。

反対に、育毛剤はほとんどが医薬品として指定されています。
市販で発売されているものも第一種に指定されているものが多く、現状維持を目的として使用するのではなく薄毛を予防してさらに髪の毛を増やすことを目的として開発されています。
そのため、身体に対して大きな影響を与えるものも少なくありません。

実際、育毛剤の中には専門の病院でしか処方されない特別なものも存在します。
こうした薬を利用すると、体内のホルモンバランスを変化させて育毛に繋げることが出来るのです。
医学的な観点から、薄毛の原因となっている要因を特定して薬でそれを排除することによって新しい髪の毛を生えてこさせるように出来ます。

このように、両者の違いは明確で利用するときには気をつけなくてはいけません。
育毛に必要な成分と養毛に必要な成分は異なっており、また作られている目的も当然違います。
年齢や体質を考慮しながら、時期を見て両者を使い分けることも健康的な頭皮を作るためには大切なのです。